サーモンとタコのカルパッチョ

原材料・製法

原材料

野菜はベビーリーフとタマネギスライス、具材にはサーモンスライスとタコの薄切りを使用。仕上げにオリーブオイル、酢、塩コショウで味付けします。魚のカルパッチョは実は日本発祥と言われており和洋折衷料理の代表例となっています。本場イタリアでも逆輸入の形で刺身を使ったカルパッチョも多くなっているそうです。

製法

薄切りにしたサーモンとタコをベビーリーフとタマネギスライスの上に飾り付け、オリーブオイルなどで味付けしています。

おすすめのドリンク

アルコール

魚介類は白ワインが定番です。魚のカルパッチョは日本発祥なので日本酒ももちろん合います。またカルパッチョの味付けによってオススメのアルコールも変わります。にんにくなどが入っていればビールがよく合います。またレモン汁などでさっぱりとした味付けならばレモンサワーなどがおすすめです。

ノンアルコール

炭酸水がおすすめです。炭酸にフルーツフレーバーのシロップを入れても美味しくお召し上がりいただけます。その中でも一番のおすすめシロップはレモン。生絞りレモンサワーもオススメです。

アレンジレシピ

香辛料

ピンクペッパー。魚との相性バッチリです。

ソース

バルサミコ酢。バルサミコ酢を使用することで高級感で品のある味に仕立て上がります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA